敏感肌は先天的なものと後天的なものがあります。

アトピー体質のように生まれつき肌の角層のバリア機能が弱く、化粧品の特定の成分や、摩擦で皮膚トラブルを起こす場合

その他、よくあるのが、花粉症やアレルギーで皮膚が慢性的に炎症を起こしやすくなっている時です。

炎症を起こした肌はバリア機能が持てないので、再び皮膚に刺激のある成分が入り、炎症を繰り返します。

対策としては、炎症を治療の上、健康な各層が生まれるように治療するか、ジェルなどで保湿ケアをしっかり行うことです。